女性ホルモンと睡眠障害について

女性ホルモンと睡眠障害について書いています

女性ホルモンと睡眠の関係

女性ホルモンは思春期に分泌が始まり、20歳代から30歳代でピークを迎えた後、40歳を過ぎた頃から卵巣の退化と共に卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下します。また、月経や妊娠・出産、更年期に女性ホルモンの分泌量はめまぐるしく変化します。ホルモンの働きに左右されやすい睡眠のメカニズムですので、こういった女性特有のホルモン変動の影響で、一般的に男性よりも女性のほうが不眠などの睡眠障害が起こりやすいのです。女性ホルモンは主に、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の二つが周期的に分泌することでコントロールされています。中でも排卵?月経直前にかけて盛んに分泌される黄体ホルモンは睡眠の質を悪化させることが解っています。ですので、月経直前などは睡眠時間が同じでも深い睡眠の時間が減るので、日中の眠気や睡眠不足からの頭痛などの不調に悩まされるのです。


女性ホルモンのバランスが崩れることによる睡眠障害

女性は、月経や妊娠・出産など、男性にはできない経験をします。
そのため、体内でのホルモン分泌量の変化も大きくなります。

女性ホルモンと聞くと、性に関するホルモンと思われがちですが
実は、睡眠にも大きな影響を及ぼすのです。
更年期になると寝付きが悪くなったり、生理前になると眠気が出る人が
多くなるのはこのためです。

女性ホルモンと睡眠障害カテゴリー項目一覧

女性ホルモンのバランスが崩れることによる睡眠障害